「住宅ローンは他人に払ってもらう」という画期的な考え方

「住宅ローンは他人に払ってもらう」なんていうと、「は?」というリアクションをする人が大半かと。

自分で住む自宅を住宅ローンで買うのだから、当然、自分で払うのが当然…

他人に払ってもらう、とはどいうことなのか、詳しく見ていきましょう。

住宅ローンで買った家を他人に貸す

住宅ローンというのは、買主が住む前提で組むローンですので、原則、住まなければなりません。

しかしながら、転勤族の人たちは、辞令が出てしまったら、買った家に住めないこともしばしば。

そんなとき、住んでないからと言って、銀行からローンの一括返済を求められたりするのでしょうか。

こたえは「NO」です。

致し方ない事情があり、そして、ローンの支払も問題ない場合は、銀行は理解してくれます。

それを逆手に取り、最初から貸す前提で住宅ローンを組、不動産を買うことが可能です。

 

もし、銀行にバレてしまった場合の言い訳についての関連記事

 

入ってくる家賃収入でローンを払う

家を他人に貸すことで、家賃収入が得られます。

毎月の住宅ローンの支払いは、入ってくる家賃収入から支払えば、自分が支払っていないことになります。

これが、「住宅ローンは他人に払ってもらう」という考え方です。

毎月、住宅ローンの支払額より若干上回る家賃が得られるよう、あらかじめ試算して物件を購入します。

家を貸し続けて、儲かってしまうのです。

 

利益をどう得ていくのかの関連記事

 

住宅ローンを使っての投資はメリットだらけ

本来、住む目的の住宅ローンを投資に使うのですから、正直、デメリットもあります。

しかし、デメリットを上回るメリットがあるのも事実です。

 

メリットについての関連記事

 

デメリットについての関連記事

 

メリットとデメリットを比較していただければ、メリットしか感じられないと思います。

それなら、住宅ローンを積極的に使おうではありませんか。

まだ住宅ローンを組んでいない方、将来住宅ローンを組むつもりもない方、有効に使える住宅ローンの枠を残しておいては非常にもったいないです。

住宅ローンを使った投資を検討してみてください。

 

住宅ローン投資の関連記事

 

 

最初のコメントをしよう

必須