信用情報に問題がある人でも住宅ローンなら通って信用UP!

住宅ローンを組む数あるメリットの中でも特に紹介したいのは、信用を高まるというメリットです。

過去に支払の遅延等があり、信用情報が汚れている人でも住宅ローンが通った例はたくさんあります。

面白いことに、住宅ローンが通った後なら、審査落ちしていたクレジットカードが作れたりするのです。

住宅ローンの大きなメリットですが、意外にも見落とされがちなメリットですから、ぜひ参考にしてください。

貸してもらえた、という実績

なぜ、住宅ローンで何千万円もの借金を背負うことによって、信用が高まるのでしょうか。

それは、「何千万円も貸してもらえた」という実績がつくからです。

「何千万円もの借金を背負った」ということは、裏を返せば「何千万円も貸してもらうことができた」ということであり、「金融機関が何千万円も貸してよいと判断するだけの信用があった」ということになるからです。

融資と回収のプロである金融機関が「貸しても良い」と判断して住宅ローンを認めたということは、「この人ならばきちんと返済してくれる」とお墨付きを与えたことになるのです。

このような金融機関のお墨付きは、確実に信用を高めます。

実際に、住宅ローンを組む前は信販系ローンに通らなかったり、クレジットカードを作れなかったりして困っていた人が、住宅ローンを組んで不動産投資を始めたことによって、「何千万円も借りられるだけの信用がある」とみなされ、ローンに通ったり、クレジットカードを作れたりするケースはたくさんあります。

また、住宅ローンの返済が順調に進んでいる人に対しては、多額の借入れを順調に返済していくだけの返済力があるという見方も加わるため、信用はさらに高まります。

統計的にも、住宅ローンの支払中の人は、その他の支払いについても遅滞なく行う傾向にあるようです。

 

信用情報が汚れている人は住宅ローンを組め

信用情報が汚れている人でも、住宅ローンなら通る可能性大です。

カードローン等は担保がありませんが、住宅ローンは物件を抵当を入れますので、貸す側は回収見込みが立つことからも、住宅ローン審査は総合的に判断されます。

結局のところ、金融機関にとって大切なのは「回収」ということであり、極端に言えば「最終的には物件を競売にかけて回収できる」と判断するのです。

このため、信用情報の問題がそれほど深刻でなく、年収も人並みにあり返済力も認められる場合には、住宅ローンを組める可能性が十分にあります。

住宅ローンさえ組んでしまえば、それまで悩まされていた信用情報の問題も、かなり改善されてしまいます。

例えば、信用情報に問題がある人がクレジットカードを作ろうとしても審査のテーブルにさえ乗れなかったのが、住宅ローンを組んだ後であれば、「この人は過去に延滞した経歴があるが、現在は住宅ローンを組んでおり、支払いも順調だ。一旦審査してみよう」と判断され、審査のテーブルに乗れるのです。

住宅ローンを組むことによって信用が高まるとは、こういうことです。

信用情報が汚れている人の、起死回生の一手になります。

 

信用を高めるために住宅ローンを組もう

「今は家を買うつもりはない」そんな方でも大丈夫。

住宅ローンで買った家を他人に貸してしまえば家賃収入が入ります。

住宅ローンの毎月の支払いは、入ってくる家賃収入でまかなえるので、もちろん持ち出しは無し。

どの物件を選べは良いかや、購入後の面倒な管理などは不動産業者に全部まかせてしまうことが可能です。

買主自身は、住宅ローンを組んで高まった信用だけ得ることができる、ということです。

 

カードローン等、借金がある人はまとめられる

消費者金融、クレジットカードのキャッシング、銀行系カードローン、信販系ローン、自動車ローン等々、借り入れの残高がある人は、住宅ローンに上乗せしてまとめてしまうことが可能です。

超低金利の住宅ローンでまとめて、毎月ラクに支払いをしませんか。

以下の表をご覧ください。

200万円のカードローンをそのままずっと払い続けた場合と、住宅ローンでまとめてしまった場合の、支払総額の差をあらわしています。

残200万円 支払い方法 支払い回数 金利 支払利息 支払総額
カードローン リボ 100回 14.6% 1,228,794円 3,228,794円
住宅ローン 元金均等 100回 0.5% 42,050円 2,042,050円

支払総額の差、1,186,744円!

 

カードローンをずっと払い続けるのは本当にもったいないです。

利息はお金をあげているのと同じです。

今すぐ住宅ローンで借金をまとめましょう。

 

借金をまとめるについての関連記事

 

住宅ローンは良いことしかない

これまで述べてきたように、住宅ローンを組むということは、メリットが非常に多いです。

信用が高まり、借金がまとめられ、不動産投資ができます。

 

メリットについての関連記事

 

超低金利なので、借りてもタダみたいなもの。

それなら借りない理由はありませんよね。

購入した自宅を賃貸に出すことで、住宅ローンは家賃収入から払うことができます。

住宅ローンを他人が払ってくれているようなものです。

ローンを組んでから10年賃貸していた後、自分自身で住むことにしたとしましょう。

30年ローンであれば、10年間は入居者が払ってくれた事になり、残り20年を自分で払えば良いことになります。

これが、住宅ローンを使った、かしこい家の買い方です。

 

住宅ローンを他人に払ってもらうについての関連記事

 

若干ですがデメリットもありますので、こちらの記事も確認しておいてください。

 

最初のコメントをしよう

必須