フリーターでも可!年収300万円からの住宅ローン不動産投資

年収300万円だと、不動産投資の融資を引くには難しいです。

しかし年収300万円の人でも、不動産投資で資産形成できる方法があります。

住宅ローンでならフリーターでも一定の年収があれば通る

住宅購入は通りやすいです。

一応年収300万円から、と言っていますが、200万円台でも通った実績もあります。

一定の収入があればよく、正社員でなくても、フリーターや派遣社員でもまったく問題ありません。

住宅ローンが通るならば、住宅ローンで購入した物件を賃貸に回すことで、不動産投資が可能になります。

年収のハンディキャップを埋めてくれるのが住宅ローンなのです。

 

真壁
真壁
住宅ローンの審査は私たちにおまかせください。金融機関を使い分け、どのような状況の方でも通してきた実績があります。

 

今ある借り入れを完済することができる

消費者金融の借り入れ、カードローでのキャッシング、信販系ローンなどなど、今現在お借り入れがある方は、それを住宅ローンでまとめてしまい、完済してしまうことが可能です。

特に、消費者金融やカードローンは利息の支払いがかなり高いので、住宅ローンでまとめるインパクトはすごく大きいです。

借金完済については以下の関連記事をご覧ください。

 

正社員じゃなくても諦めないで!

一定の年収があれば住宅ローンは通ります。

正社員である必要はありません。

フリーターでも、派遣社員でも住宅ローンが組めた実績はあります。

諦めずお問い合わせください。

 

 

年収300万円だからこそ住宅ローン

住宅ローンは、居住用物件を買うためのローンですから、それを投資に使うことにうしろめたさや怖さを感じている人もいると思います。

しかし、後ろめたいと感じる必要はありません。

投資の世界を突き詰めれば、基本的にマイナスサムゲームであり、儲ける人がいれば損をする人がおり、儲ける側に回るか、損する側に回るかの二者択一です。

不動産投資を始める理由は、誰もが「儲けたい」のであって、損したい人はいません。

ならば、儲ける側に回るために知識をつけ、利用できる仕組みは積極的に利用し、リスクを引き下げ、リターンを引き揚げていくべきです。

また、住宅ローンを不動産投資に利用したことが金融機関にバレると、一括返済を求められるため、怖いと感じる人もいるでしょう。

確かに、理論的には金融機関にバレる可能性がありますが、現実的にバレてしまう可能性は低いです。

金融機関に疑われたときの対処を事前に高じておけば、金融機関は疑うものの確証は得られず、一括返済を求めることもありません。

後ろめたいと感じる必要もなく、金融機関にバレる怖さもなく、リスクの引き下げに役立つのですから、年収300万円の人こそ、住宅ローンを武器にすべきです。

銀行対策については以下の関連記事をご覧ください。

 

住宅ローンを使えばリスクを抑えられる

不動産投資をするには、一般的にアパートローンを組む必要があると認識されています。

だからこぞって、

「収入を増やして属性を良くし、金融機関から一般的あるいは好い条件でアパートローンを引き出す」

という方法をみんながとっています。

しかし、年収を増やして属性を良くするのに何年かかるでしょうか。

何年も先まで待つなら、今できる投資をして資産形成したほうが福利が効くのではないでしょうか。

だからこそ、当サイトでは住宅ローンでの不動産投資を提唱しています。

住宅ローンとアパートローンを比較すると、

比較条件 住宅ローン アパートローン
金利 低い 高い
借入期間 最長35年 耐用年数に準拠
属性 あまり求められない 強く求められる
自己資金 フルローンやオーバーローンも可能 3~4割の自己資金が必要

などの差異があります。これを見れば、

「高金利で、短期返済で、審査が厳しい」

というアパートローンよりも、

「低金利で、長期返済で、審査が緩い」

という住宅ローンのほうが、低リスクであることが分かります。

低金利であれば、月々の返済負担は軽減されてリスクが下がります。

長期返済によっても、月々の返済額が小さくなるため、負担は軽減されてリスクが下がります。

属性や自己資金にしても、住宅ローンをならば年収300万円の人に対しても柔軟に対応しているため、無理をしてローンを組むことによるリスクを避けることができます。

アパートローンはハードルが高すぎる!

年収300万円程度のサラリーマンで考えてみると、これが良くわかります。

年収が300万円の人にとっては、不動産投資は非常にハードルが高い投資です。

というのも、不動産投資ではまず物件を購入しなければならず、そのためには何千万円、何億円という資金を金融機関から調達する必要があります。年収300万円では、これが困難です。

不動産に投資するための資金は、金融機関の提供するアパートローンで調達することになりますが、アパートローンでは少なくとも3割の頭金を求められます。

最近では、4割程度の頭金を求められるケースも多くなっています。

つまり、3000万円の不動産に投資するためにアパートローンを組もうと思えば、頭金として900~1200万円程度を準備する必要があるのです。

3~4年分の年収に相当する頭金を準備することは非常に難しいでしょう。

 

資金力のハンディを覆す

投資でもギャンブルでも、資金力の大きいプレイヤーが有利なのは当然です。

不動産投資においても、年収300万円という限られた資金力で勝負するとなれば、大きなハンディを背負って戦うことになります。

このハンディを埋めるのが、住宅ローンです。

一般の不動産投資家は、住宅ローンを不動産投資に利用するスキームを詳しく知りません。

そんな中で、当サイトで知識を身に着け、当サイトと提携している優良業者のサポートも受けながら、住宅ローンを不動産投資に活用していけば、その他大勢の投資家よりも好条件で不動産投資を実践できます。

これにより、年収300万円という資金力のハンディを覆すことができます。

住宅ローンを使って不動産投資するメリットの関連記事

 

まとめ

年収300万円の人でも、住宅ローンを武器に不動産投資を実践することによって、一般の不動産投資家よりも低いリスクで投資し、成果を出し、資産を形成していくことができます。

年収300万円の人にとって、不動産投資に住宅ローンを使う意義は大きいと言えるでしょう。

住宅ローン不動産投資の利益の出し方はこちらの関連記事をご覧ください。

 

最初のコメントをしよう

必須