住宅ローンを使って不動産に投資はできるの?まとめ

不動産投資ではアパートローンを利用するのが普通です。

しかし、住宅ローンで不動産投資をする方法もあります。

住宅ローンは居住用の自宅を購入するためのローンですから、賃貸用物件を購入することは認められていません。

しかし、正しいやり方で、サポートしてくれる業者を利用することにより、住宅ローンでの不動産投資が可能です。

しかし、一般的な手法ではないことから、正しい知識がないと危険を伴います。

住宅ローンで不動産に投資する唯一のリスク

住宅ローンはマイホームを買いたい人のためのローンであり、一般国民が広く利用できるよう設計されています。

このため、借り入れるためのハードルは低いです。

頭金を求められず、属性に対する審査も易しく、金利は低く、返済期間も35年まで認められています。

もし、住宅ローンを不動産投資に利用することができれば、アパートローンを利用した場合に比べて、かなり好条件で不動産投資を始め、副収入を得ることができます。

住宅ローンの利用により、頭金なし・低金利・長期返済などにより、不動産投資のリスクを引き下げることができますが、リスクがないわけではありません。

唯一のリスクは、金融機関とトラブルになることです。

金融機関は、居住用の物件を買うものと見て審査しています。

ところが、実際には居住用ではなく賃貸用であったとなると、金融機関は正しく審査することができず、誤った融資判断をしたことになります。

金融機関は、当初に想定していたリスクとは異なるリスクを抱えることになり、回収に懸念を抱きます。

そして、借り手に対して契約違反を問い、全額一括返済を求めるのです。

しかし、借り手はすでに物件を購入してしまっており、全額一括返済は不可能。

借り手が破産することになりますので、現実的ではありません。

その場合、金融機関は金利を見直し、投資用ローン(アパートローン)同等の金利に上げてきます。

このように、住宅ローンで不動産投資をやっていることがバレると、ちょっと面倒なことになります。

でも、あまり問題にならない

しかし、金融機関とのトラブルはそれほど問題になりません。

金融機関は、借り手が住宅ローンで不動産投資をしていることについて、勘づくことがあります。

住宅ローンで購入したはずの居住用物件に、金融機関からの郵便物が届かなければ、そこに住んでいないことを疑うのです。

この時、金融機関は借り手に確認を行いますが、きちんと言い訳を考え、返済を履行すれば、金融機関が一括返済を求めることはありません。

 

銀行対策についての関連記事

 

金融機関だって、積極的にトラブルを引き起こし、回収リスクを高めることはしたくありません。

毎月問題なく返済されている状況にもかかわらず、「住んでないじゃないか!」と波風を立てたところで、回収不能になるリスクを広げるだけなのです。

金融機関としても、きちんとした理由があれば穏便に済ませたいのです。

 

続きはこちらの関連記事で

 

セカンドハウスローンでも不動産投資はできる?

住宅ローンで不動産投資を実践すると、好条件で投資することができ、成果も得られやすいです。

難点があるとすれば、住宅ローンは1度しか使えないことです。

普通、マイホームは一世帯にひとつきりであり、何件も持つものではありません。

このため金融機関は、住宅ローンを2つ組むことを認めていません。

そこで利用したいのが、セカンドハウスローンです。

セカンドハウスローンも、居住用物件を購入するためのローンです。

このため、住宅ローンと同じく、賃貸物件を購入するためには使えないのですが、サポートできる不動産業者がいればそれが可能となります。

すでに住宅ローンを組んでいる人でも使える

すでに住宅を購入していて、住宅ローンを組んでいる方でも、セカンドハウスローンなら組めます。

これも住宅ローン同様、投資用に利用することが可能です。

2軒目になるので、1軒目よりは若干ハードルは上がりますが、それでもアパートローンなんかより好条件なので、セカンドハウスローンを上手く活用して物件を増やすことが可能です。

 

続きはこちらの関連記事で

 

年収300円からでも始められる!

住宅ローン投資、金融機関にバレるリスクはあるものの、対処を知っておけば全く問題にはなりません。

ぜひやってみたいと思う人も多いでしょうが、年収はどれくらい必要なのでしょうか。

一般国民が広く利用できる住宅ローンですからハードルは低いです。

年収が300万円程度の人でも、不動産投資を無理なく始めることができます。

住宅ローンを使えば年収300万円でも始められる、いや、年収300万円だからこそ、住宅ローンで不動産投資を始めるべきでしょう。

また、正社員でなくても、フリーターでも住宅ローンは組めます。

 

続きはこちらの関連記事で

 

まとめ

住宅ローンを利用すれば、不動産投資を好条件で始めることができます。

金融機関にバレるリスクはあるものの、対処を知っておけば大したトラブルにはなりません。

年収300万円程度で不動産投資を始められるのですから、これを使わない手はないでしょう。

ただし、イレギュラーな方法であり、情報もあまり公にはなっていないため、自分だけで取り組むにはリスクが高いです。

提携不動産業者のサポートを受けつつ、取り組むことをお勧めします。

 

最初のコメントをしよう

必須